スバル インプレッサ買取り入庫しました

スバル インプレッサ買取り入庫しました

 

なんだか見れば見るほど愛嬌があるというかなんというか、

噛めば噛むほど味が出るスルメのような魅力を持つインプレッサですが、

またまたハッピーカーズに入庫しました。

 

デビュー当初はBMW1シリーズっぽいという声も聞かれましたが、

そこはやはり中島飛行機から日本の航空技術の伝統を受け継ぐ

富士重工業のプライドがそうさせたかどうかはわかりませんが、

なかなかしっかり玄人をうならせるしっかりした作りになっているのが、

前モデルのノッチをあっさりと破棄して

ハッチバックに割り切ったこの型のインプレッサのさすがのところですよね。

 

この昆虫的なデザインほんと好き(笑)

 

やはりこれはBMWにも通じるところですが、

ラリーまでこなせるシャシーに、1.5Lの日常ユースのエンジンを載せてるんだから、

そのボディのしっかり感は僕なんかでもワビサビ的に感じ取れるくらいすごいんです。

 

 

まあその、細かいツッコミはなしでお願いします…。

 

 

スバル インプレッサの評判は?

スバル インプレッサの評判は?

 

さて、そしてこのインプレッサは今、話題の平成20年式。

ハッピーカーズでは7年落ちの車を絶賛高く買取中ですが、

まさにこのパターンです。

 

とはいえ、インプレッサは輸出向きなのでしょうか?

 

同じスバルでも、フォレスターの7年落ちはアフリカのケニアにどはまりします。

革シートなんて大人気です。よく輸出しました。

平成20年式のフォレスターを売却したい方、それは今がチャンスです。本当です。

 

しかしこの型のインプレッサの場合、微妙にニュージーランドからも人気なんですよね。

 

錆があるとNGなんですけどね。ちょっとマニアックな視点ですが…。

 

とはいえ、このインプレッサ、

距離がまだ3万km台なので、日本国内にもいけそうな感じです。

 

 

なーんて、

インプレッサのセカンドキャリアを想像するだけで夜が明けそうですが、

ようするに、インプレッサは世界で人気なので、

高く買取りしても、だいじょうVって感じでしょうか。

 

そんなわけで、スバル車の査定の依頼、お問い合わせはこちらまで

もちろん10万kmオーバー、10年以上前の車も大歓迎です!

とくにSTI系のスバル車は頑張ります!

オプションパーツ評価します!

新しいスバル車の査定も歓迎します!!

 

ちょっと自分の愛車の相場を知りたいな~
という方は是非こちらのかんたんWeb査定でチェックしてみてください

ハッピーカーズオフィシャルサイトhttp://www.happycars.jp

愛車を高く売るために、知っておきたい10のこと http://kaitori.happycars.jp

 

メールの返信を待ちきれない方は是非お電話で!

フリーダイヤル 0120-505-289