ユーノス (マツダ)ロードスター の売却は、藤沢・茅ヶ崎・平塚・鎌倉・逗子なら査定から即日買取り可能な“湘南の車買取りハッピーカーズ”へ

ユーノス (マツダ)ロードスター の売却は、藤沢・茅ヶ崎・平塚・鎌倉・逗子なら査定から即日買取り可能な“湘南の車買取りハッピーカーズ”へ

 

新しいマツダロードスター、売れてるらしいですね~

ハイブリッド全盛の日本で、スポーツカーで勝負するマツダ、さすがですよね。

 

多様化の時代といいつつ、ハイブリッドカーがメインストリームとなって、

燃費のいい車か、それ以外かという選択肢の中で、

それ以外というカテゴリーで選ばれるには、余程の尖った部分がないと難しいですよね。

 

そこをうまいことブレイク・スルーしたのが、まさに現代のマツダロードスター!たしかに魅力的だし乗ってみたい!!!

 

 

ですが、ですが、ですよ。

 

 

今から20年以上も前、初代ロードスターがデビューした時の衝撃は、

マツダロードスターの比ではなかったような気がします。

 

そうあれはまだ昭和の香りが残る時代の1989年!

 

ロードスターは、マツダの新販売チャンネルユーノス店から、

“ユーノス ロードスター”という名前で衝撃デビュー!

 

当時はユーノスの販売店は、まだロードスターしかなかったので、

ロードスターとは呼ばれずに、「ユーノス」ってみんな呼んでいました。

少なくとも私のふるさとでは(笑)

 

1989年といえば、スポーツカーにCOMPLEXのカセットを突っ込んで、

若者は吉川晃司の歌声と共に夜の帳に繰り出し、

布袋寅泰のかき鳴らすギターと共に、

危険すぎる夜のデートを楽しんでましたよね、みんな。

 

リトラクタブルヘッドライトには中古車でしかもう出会えないです

リトラクタブルヘッドライトには中古車でしかもう出会えないです

 

 

だいたいリトラってところが反則ですよね。

正確に言うとリトラクタブル・ヘッドライト。

今では空力的にはもちろん、突起が危険という理由で世の中から絶滅しつつありますが、

これはスーパーカーブームを経験した世代には刺さるんですよ。

やっぱりランボルギーニカウンタックの呪縛からは離れられませんね、男の子は。

 

 

 

前置きが長くなりました。

 

 

 

 

そんな名車ユーノス ロードスターも、もはやまともなコンディションの個体は姿を消し、

ほとんどスクラップ寸前のものしかみかけなくなった昨今、

今日の査定に行って驚きました。

 

 

なんてったって、電動シャッター付きガレージでの車庫保管です。

 

 

ウイーンって開きました、シャッターが。そうそこは男の夢の空間。

 

 

辻堂でこんなにコンディションの良いロードスターと出会えるなんて!!

辻堂でこんなにコンディションの良いロードスターと出会えるなんて!!

 

もちろんコンディションも素晴らしく、すぐに乗って帰りたい病を発症しそうでしたが、

そこは大人なのでちょっと我慢しました。

 

どのくらい我慢が必要だったかというと、まあ見て下さいったら。

 

走行9万km台のユーノスロードスター

走行9万km台のユーノスロードスター

 

メーターまわりのこのシンプルな感じがまたいいんですよね。

当時はスポーツカーとはいえ、パワーウインドウ標準が常識となりつつあった時代、

まさかのハンドル窓にみんな驚きましたが、

そういう潔さ加減のDNAが、今のマツダロードスターの人気につながっているんじゃないかと思います。

 

アルミホイールは定番RSワタナベをチョイス

アルミホイールは定番RSワタナベをチョイス

 

3点式タワーバーで剛性もバッチリ!

3点式タワーバーで剛性もバッチリ!

 

カーボン製のインテークダクトのK&Nラムチャージャー

カーボン製のインテークダクトのK&Nラムチャージャー

 

マキシムワークス製エキゾーストマニホールド

マキシムワークス製エキゾーストマニホールド

 

レカロのバケットシート

レカロのバケットシート

 

ステアリングはMOMO革巻き

ステアリングはMOMO革巻き

 

こんな感じで、足回りはクスコの車高調に、ハードトップの中にはアルミブレースバーも装着され、

すぐにでも4点式シートベルトを装着できる仕様になっております。

 

今からこれで筑波2000走りたい!!

 

 

 

 

 

欲しい…(笑)

 

 

 

 

そんなわけで、現在、このユーノスロードスターに興味のある方(業者さん含む ※そう、そこのあなたのことですよ)を募集中です。

締め切りは明日まで。ハッピーカーズまでお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

そのほかマツダ車、ロードスター等、売却・査定の依頼、お問い合わせも絶賛受付中です。

 

車輌価格より、オプションパーツの方が高い、改造費の方が高くて手放せない!!

そんな方も、是非ハッピーカーズまでお問い合わせください。

マニアな車の査定ならたぶんどこにも負けませんし、欲しい業者さんを募ることもできます。

ほとんど新車から、10万kmオーバー、10年以上前の車も大歓迎です!

 

ちょっと自分の愛車の相場を知りたいな~
という方は是非こちらのかんたんWeb査定でチェックしてみてください

ハッピーカーズオフィシャルサイトhttp://www.happycars.jp

愛車を高く売るために、知っておきたい10のこと http://kaitori.happycars.jp

 

メールの返信を待ちきれない方は是非お電話で!

フリーダイヤル 0120-505-289