ポルシェ911の売却は、藤沢、茅ヶ崎、平塚、鎌倉、逗子なら、査定から即日買取り可能な“湘南の車買取りハッピーカーズ”へ

ポルシェ911の売却は、藤沢、茅ヶ崎、平塚、鎌倉、逗子なら、査定から即日買取り可能な“湘南の車買取りハッピーカーズ”へ

 

雪予報が一転、雨でもなく雪でもなく、かと言って晴天ってわけでもない、

なんとなく暖かい冬の朝は、まさにポルシェの査定にぴったり!

 

ポルシェ911の買取りって聞いただけでワクワク・ウキウキしちゃいますよね~

 

 

そんでもって、この間買取りさせていただいたメルセデスベンツ ゲレンデヴァーゲン300GEに乗って査定場に到着すると、、

 

997型だけど、これはっ!

 

GT3のRS仕様かとおもいきや、なんとカレラ4のGT3 RS仕様ではないですか。

 

カレラ4のワイドボディにGT3ルックが決まってますね~

 

ウインカーレンズもLEDで、とても10年前のポルシェとは思えないのが、

ポルシェのポルシェたる所以ではないでしょうか。

 

特にこの997型は、996型のティアドロップポルシェからの反動で、

ポルシェをよりポルシェらしく先祖還りさせたようなコンセプトでモダンに仕上げたせいか、

現行型991型ポルシェよりもポルシェらしく見えちゃうのが不思議ですよね。

 

多くの自動車メーカーが

いかに前モデルを徹底的に古臭く見えるように新車をデザインしていくことに注力することがセオリーである現代において、

 

純粋にポルシェのアイデンティティを踏襲しつつ進化させることをマストとしながらも、

保守の呪縛に囚われながら、先進的かつ革新的な開発を強いられるポルシェの開発チームって、

どんだけエリートが集まって、どんだけクリエイティブな仕事をしてるんだろうって、

 

改めて当たり前にすごいと思いつつ、

 

やはり子供の頃に、もっと勉強しておくべきだったなぁと、

つくづく可変バルブサウンドマフラーの音が胸に染みわたっていくのを感じながら思うのでした。

 

ポルシェ911のリアビュー RS仕様のカーボンの大型リアウイングが大迫力

ポルシェ911のリアビュー RS仕様のカーボンの大型リアウイングが大迫力

 

 

「とりあえず赤身を四貫握って」と、無粋なオーダーを板さんにしてしまいそうな、

なんとなく鮨が食べたくなるRS仕様のリアウイング。

 

 

 

たしかにポルシェで飛ばす人なら大型ウイング欲しいですよね、

 

 

特にサーキットならなおさら!

 

むしろ、素のカレラとかの方が絶対欲しいと感じるはず。

 

だってRRで200km以上でアクセルベタ踏み、

そこからコーナー進入でブレーキングとか、想像したくないですよね~

 

真っ直ぐ走るだけでも絶対ノーズふがふがしますよね。想像ですけど。

 

空力を考えると大きいリアウイングはポルシェクラスでは必需品

空力を考えると大きいリアウイングはポルシェクラスでは必需品

 

 

そういえば頭文字D Fifth Stage の高橋涼介VS北条凛の箱根バトルではこの大型スポイラーが一つの分水嶺となりました。

※見てない方は、アニマックスか、どこかのネットで今すぐチェキラ!

 

GT3に見えてもそこはやっぱりカレラ4

GT3に見えてもそこはやっぱりカレラ4

 

そしてもはやこのクラスだと、

ヒールアンドトゥといった前時代的テクも不要。

 

下手なマニュアル車というより、

プロい人が操るマニュアル車よりPDKの方がサーキットタイムはいいらしいです。

知ったかですけど。

 

時代はミスターAT!

 

男は黙って右足一本のPDK

男は黙って右足一本のPDK

 

シフトダウンのブリッピングもきっと本気です。

 

たぶん首都高3号線の出口付近にいれば一日に何台かのポルシェのブリッピングサウンドを堪能できることでしょう。

 

話は変わりますが、我らが青春のモンスーンカフェも

気がつけばセブンイレブンになっちゃいましたね。だいぶ前ですが。

 

 

世の中変わっていくな~

 

さて、そんなわけで、

ポルシェ911、ボクスター、カイエン、特に高く買取中です!

お問い合わせは、ポルシェ部 担当:しんぶつ まで

 

湘南地域(藤沢・茅ヶ崎・平塚・鎌倉・逗子)では買取り価格&顧客満足度No.1を目指しているハッピーカーズなら

ほとんど新車から、10万kmオーバー、10年以上前のポルシェも大歓迎です!親切丁寧に査定します。

 

ハッピーカーズでは価格決裁出来る者がお伺いしますので、わずか15分の査定で即決価格提示が可能です!!

 

ちょっと自分の愛車の相場を知りたいな~
という方は是非こちらのかんたんWeb査定でチェックしてみてください

ハッピーカーズオフィシャルサイトhttp://www.happycars.jp

愛車を高く売るために、知っておきたい10のこと http://kaitori.happycars.jp

 

メールの返信を待ちきれない方は是非お電話で!

フリーダイヤル 0120-505-289

 

 

 

 

》ハッピーカーズホームページに戻る