フィアット500 1.4ラウンジを売却するなら藤沢・茅ヶ崎・平塚・鎌倉・逗子なら査定から即日買取り可能なハッピーカーズへ

フィアット500 1.4ラウンジの買取り相場は?

 

21世紀になってリニューアルデビューしたフィアット500って、気がつけばこれも発売から10年が経つんですね~

最初のデビューは2008年でしたが、未だその洗練されたスタイルは全く古さを感じさせませんよね。

まあクラシックデザインをモデファイすることから始まって、レトロ感のモダン的表現にこういう車の真髄はあるわけだから、

まさに新型・旧型という概念時代を全否定しちゃってますよね。

しかし、道ですれ違うフィアット500はいまだに新鮮なイメージとして残り香のように残像が残るところなんかさすがのデザインの完成度です。

 

そんなフィアット500ですが、モチーフはみなさんご存知のあのルパン三世が箱乗りしていた有名なあれです。

調べてみると初代かと思ったら2代目だそうです。実はトポリーノって呼ばれる初代は500(1936-1955年)があって、その次に出たのが、いわゆるおなじみのフィアット500。こちらはNUOVA 500(ニュー500)って呼ばれてたそうです。

ややこしいですよね。これも言ってみれば現代版だってニュー500だし(笑)

 

そんな素敵なフィアット500ですが、正直なところ「フィアットごひゃく」って読んでましたが、

人前ではやっぱりここは「チンクェチェント(Cinquecento)」って言いたいですよね。

ベンツは「ごひゃく」でOKだと思います。

 

FIAT 500 チンクェチェント の売却なら、藤沢・茅ヶ崎・平塚・鎌倉・逗子なら査定から買取りまで即日可能なハッピーカーズまで

FIAT 500 チンクェチェント の売却なら、藤沢・茅ヶ崎・平塚・鎌倉・逗子なら査定から買取りまで即日可能なハッピーカーズまで

 

ちなみにこのカラーリングですが、

“チャチャチャアズール”っていいます。

水色いいていわないところがイタリア車っぽいですよね。

 

 

インテリアもお洒落なフィアット500

インテリアもお洒落なフィアット500

 

さて、そんな感じで今日もバローロ片手に夏を満喫したいと思います!

 

平成20年式 FIAT 500 1.4ラウンジの査定

4万kmの査定ですが、

70万円~100万円前後です。オプションによっては、まだまだ狙えます!

 

フィアット 500の 売却・査定の依頼、お問い合わせはこちらまで

ほとんど新車から、10万kmオーバー、10年以上前の車も大歓迎です!

 

ちょっと自分の愛車の相場を知りたいな~
という方は是非こちらのかんたんWeb査定でチェックしてみてください

ハッピーカーズオフィシャルサイトhttp://www.happycars.jp

愛車を高く売るために、知っておきたい10のこと http://kaitori.happycars.jp

 

メールの返信を待ちきれない方は是非お電話で!

フリーダイヤル 0120-505-289