ボルボS60 T6 AWD Rデザインの売却は、藤沢・茅ヶ崎・平塚・鎌倉・逗子なら査定から即日買取り可能な湘南の車買取りハッピーカーズへ

ボルボS60 T6 AWD Rデザインの売却は、藤沢・茅ヶ崎・平塚・鎌倉・逗子なら査定から即日買取り可能な湘南の車買取りハッピーカーズへ

 

ボルボといえばステーションワゴンのイメージが強いですが、結構セダンのSシリーズって格好いいんですよね。

この平成23年にデビューした2代目S60にしても、えっ、いつからそんなに洗練されちゃたの?って感じで、

セダンというよりもスポーツクーペですよね。BMW3シリーズとかベンツCクラスと同じカテゴリーですかね。

 

さすがにフラッグシップモデルのT6 AWD Rデザインは18インチホイールも標準でスポーティさも演出しつつ、

3000ccの直6エンジンにターボというコンサバティブな組み合わせは、まさにボルボらしい抜群の安定感。

 

しかしボルボといえば、カメラマンが乗る車。ボルボといえば、240ワゴンというイメージを勝手に持っていますが、

もう次元が違う世界へいっちゃいましたね~

 

会員制のゴルフクラブに横付けしてバッグを下ろしてもらう光景が様になるというか、

デザイナーもそんな感じで定着させていったのか気になるところです。

 

ボルボ S60のリアビュー

ボルボ S60のリアビュー

 

エクステリアも結構思い切ったデザインで、

テールランプはマセラッティ3200GTを想起させるブーメランテールが印象的です。

 

相場的には平成23年式 ボルボ S60 T6 AWD Rデザインで1万km台前半でコンディションが良ければ

まだまだ200万円が狙えるという感じでしょうか。

 

さて、そんなわけで、ボルボSの6の売却・査定の依頼、お問い合わせはこちらまで

S60はもちろんV70、V50にも高額査定出しちゃってます。

ほとんど新車から、10万kmオーバー、10年以上前の車も大歓迎です!

 

ちょっと自分の愛車の相場を知りたいな~
という方は是非こちらのかんたんWeb査定でチェックしてみてください

ハッピーカーズオフィシャルサイトhttp://www.happycars.jp

愛車を高く売るために、知っておきたい10のこと http://kaitori.happycars.jp

 

メールの返信を待ちきれない方は是非お電話で!

フリーダイヤル 0120-505-289