平成20年パッソ

平成20年 営業車として活躍したパッソが輸出される

12月に営業車として買取りした平成20年式パッソが輸出されることがきまりました。

この空の向こう、アフリカのケニアまでおよそ一ヶ月の長旅です。

営業車としてとても調子が良かったのですが、

車検が2月いっぱい。車検通そうかと思った矢先、

あっさりと売れてしまいました。

 

ヤードに搬入される平成20年式パッソ

ヤードに搬入される平成20年式パッソ

 

その秘密はこの車の平成20年2月登録ということに理由があるんです。

ケニアの輸入規制は、5年前に登録された車まで。5年前でも一番古い平成20年式がもっとも税金が安いんです。

さらに登録月も関係するのが面白いところ。この車は2月登録なので、

2月に輸入される車としては、最も安い税率の車になります。

なぜなら2の時点では3月登録の車は輸入できないからです。

 

参考:外国と査定の密接な関係

http://kaitori.happycars.jp/used-car-purchasing-metod/secret-of-car-purcahsing2/

 

なんとなく計算どおりに売れて、海外にも拠点を持つ買取り業としては面目躍如というところです。

気になるお値段は船賃込みで(CIF)40万円ちょいってところでしょうか。

 

海外のマーケット、しくみも熟知した買取り専門のハッピーカーズ。

だから高く査定できる!だからすぐに買取れる!

そんな感じで古い車でも10万km以上走った車でも、高額買取中です。

お問い合せはお気軽にこちらまでどうぞ!

フリーダイヤル 0120-505-289