01d3153795c16fa57bdab3f6cd84bcd78567cb3a23

これ、車の構造の模型です。

なんでいい歳して図画工作しているかというと、

今日は中古車のプロ向け査定研修に行ってきました!

 

中古車を買取りするには、相場のマーケティングはもちろん、

“中古車の評価の定義”をしっかりと身に着けておかなければなりません。

中古車業者がその中古車をプライシングするにあたって、

何をもってプラス評価するか、あるいはマイナス評価するか。

 

車を査定した時に、あっちの中古車屋さんでは“事故車”とされ、

こっちの買取り屋さんでは問題なしとされたりしたら、

売る方はワケわかんなくなっちゃいますよね。

 

実は今、“事故車”というワードも使いません。

事故したままの痛々しい車両は“事故現状車”としてマーケットに流通しますが、

事故車を修復した車、あるいは骨格部分にダメージの残る車は、

“修復歴あり”の中古車としてマーケットに流通します。

要するに骨格部分になんかしらのダメージがあれば“修復歴あり”となるので、

その見つけ方、見分け方の、「中古車業界の共通認識」を勉強してきました。

 

これまで我流でやっていたので、まさに目からうろこ。

これで明日から、より強気でプライシングできます。

 

つまり高く買いますということです(笑)

 

しんぶつ