愛車を高く売るために、知っておきたい10のこと。湘南エリア(茅ヶ崎・藤沢・鎌倉・平塚)ならすぐ査定からお引取り

外国と査定の密接な関係

業者オークションで高値が付きやすい年式と車種の関係

例えばアフリカのケニアは、日本から高額な中古車を積極的に輸入する国として有名です。中古車の輸入規制も特に厳しく、年式には日本での登録年、登録月、さらに製造年まで細かく決められています。簡単に言うと「登録から8年以上経過した車は輸入禁止」という規制です。仮に現在を2017年10月だとします。この場合ケニアで輸入できるのは2008年10月以降に日本で登録された中古車で、かつ2008年に製造された車でないと輸入できません。さらに2017年内にケニアの港に着くことが条件となります。とすると、今2008年10月登録の中古車であれば11月の船に乗せることができるのでケニア向けとしては最後のチャンスとなりますが、2008年12月登録の中古車は、ケニア向けの対象にはなりにくいため、総じて10月以前登録の中古車よりもオークション相場は安い傾向にあります。

わずか一か月で中古車買取り相場が一気に下落することも

すなわちそれと連動する中古車買取り相場にも同じ影響を与えることとなっています。そして年内の港必着という条件により、ケニア向け車両は11月に向けて相場が一気に下がる傾向も顕著に見受けられます。もしあなたの愛車が、2008年(平成20年)10月以前の登録車であれば、ケニア向けに合致するので夏頃までの売却が高値で売れるポイントとなります。

ちなみにケニアでは、トヨタ ランドクルーザー、プラド、ヴィッツ、イスト、パッソ、カローラフィールダー、カローラランクス、マークX、ホンダ CR-V、スバル フォレスター、BMW X5、ベンツ Cクラス、Eクラス、ゴルフ等が人気です。

※ 各国の輸入規制は常に変化しています。これは2017年6月現在の情報です。


車査定の専門家があなたの愛車を正しく査定します! TEL 0120-505-289 24時間365日WEB査定受付中!

PAGETOP
Copyright © Destination Creative co.,ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.