audiA6の売却は輸入車外車の査定が密かに高いと口コミで評判の車買取りハッピーカーズへ

audiA6の売却は輸入車外車の査定が密かに高いと口コミで評判の車買取りハッピーカーズへ

 

今回の買取車は、アウディA6 1.8TFSIです!

1.8LということでA4かと思いましたが、A6でしたね。

 

写真ではなんとなくちっちゃく見えますが、近くで実車をみると結構大柄なのがA6.

1800ccで大丈夫と思っちゃいますが、最近のダウンサイジングブームの先駆けでもありまして、インタークーラーターボの過給で静かにシュンシュン走ります。オークション相場的にも、この平成27年のマイナーチェンジ後の1800ccモデルがこれまでの2000ccのモデルより大幅に高値の傾向です。小型エンジンにターボで過給というのが高級車でも当たり前になってきましたね。ポルシェ911カレラでさえ3Lにダウンサイジングしてターボという時代、素のカレラでターボだったらポルシェターボはどうすんのって感じでしたが、普通にポルシェターボとして出ちゃうのがポルシェがポルシェたる所以でしょうか。はい、アウディの話に戻ります。

 

モデルチェンジ後のアウディの中古車相場は崩れ気味の傾向の中高値売却の狙い方とは

モデルチェンジ後のアウディの中古車相場は崩れ気味の傾向の中高値売却の狙い方とは

 

最近のアウディのオークション相場と中古車相場はちょっと前のなんでそんなに高いの的な強気オーラを感じさせてくれません。なんとなく思うんですが、アウディの良さって、高級車なんだけどそれをあえて感じさせない上品なデザイン、そう、あのつるっとしたフェイスでまったくもってギラギラ感を感じさせない、さりげないお澄まし感みたいなところでベンツやBMWとは違うのよという品の良い目黒マダムの心をつかんできましたが、最近ちょっと雰囲気変わりつつありませんか。ちょうどこのシングルフレームグリルになってからだんだんギラつき感が増してきているような気がするのは僕の気のせいでしょうか?とゆうのもフォルクスワーゲンがもはや大衆車感を全く感じさせないメッキを多様した高級感を演出しまくりの中、そことおんなじ土俵にアウディが並んじゃうと、消費者的にはだったらワーゲンでいいんじゃないみたいなよくわからないことになりかねません。今のパサートとか超絶キラキラしてますもんねホント。ま、でもそこは高級車としては老舗のアウディ。ひとたび乗ってみればその高級さ加減は本物です。あくまで静かに上品に走ってくれます。

しかしながら相場的にはベンツ、BMWと比較してもやはりアウディの新車から3年後の値落ち感は正直なところ結構心と懐に響くものがあります。何社かで査定してもらった後にハッピーカーズにきていただいたオーナーさんでも希望額の買取りを半分あきらめている方もいらっしゃるくらいです。でもそこはなんとか少しでも地域の方のお役に立てればというハッピーカーズ理念のもと、できる限りの査定をさせていただいております。不人気者や相場の弱い輸入車でも結構査定が高いと評判です。だからこうやって買取りできているわけですが(笑)

 

はい、そんなわけで、アウディを中心とした輸入車、外車中古車の査定には自信があります。

 

ハッピーカーズはどこよりも高く買いたい宣言実施中!

新車から1年落ちといった高年式車でも、きっとご満足いただけるような査定額を目指しています。

事故車はもちろん修復歴あり車、ローン中、リース中、残価設定ローンの車も買取り可能ですので、他社で断られたり、安い査定だった場合は是非お問い合わせください。

 

 

 

ちょっと自分の愛車の相場を知りたいな~
という方は是非こちらのかんたんWeb査定でチェックしてみてください

ハッピーカーズオフィシャルサイトhttp://www.happycars.jp

愛車を売る前に知っておきたい10のこと http://kaitori.happycars.jp

 

メールの返信を待ちきれない方は是非お電話で!

フリーダイヤル 0120-505-289

携帯から 0466-31-0818

 

 

 

【アウディの買取り記事はこちら】

【今日の買取車】平成12年式 アウディTTクーペ 1.8Tクワトロを高額査定&高額買取り

【今日の買取り車】平成15年 アウディA4アバント