フォルクスワーゲンザ・ビートルの売却はどんなコンディションでも査定が高いと口コミで評判の車買取りハッピーカーズへ

フォルクスワーゲンザ・ビートルの売却はどんなコンディションでも査定が高いと口コミで評判の車買取りハッピーカーズへ

 

平成の名車シリーズ!に、入るかどうかはわかりませんが、2018年にひっそりと販売していたザ・ビートル。もちろん高額査定させていただき買取りとなりました。

折しもNEW ビートル(1998年~)、BMW MINI(2001年~)がほぼ同時にミレニアムバブルに向けて発売となりリバイバルブームの幕開けとなりました。それから数年後にはチンクチェントもFIAT500(2008年~)として追って登場。

中でもリバイバル感が圧倒的に強かったのが、フォルクスワーゲン自身の手によって蘇らせたニュービートルで、当時の広告までもが初代ビートルのイメージを受け継いだおしゃれで知的なウィットにとんだものだったので、荷物があまり詰めないものの、ここポイントなのですが、結構売れたようです。もちろんカブリオレも。

このリバイバルの成功を追っかけるようにデビューしたのがローバーではなくBMWのエンジンを積んだMINIでした。こちらも過去のイメージを踏襲しながらとはいえ斬新さみたいなところをアピールして元気にデビュー最初ア2ドアボディに4人乗りとクラシックミニの作法をトレースしていましたが、その人気からMINIのくくりで4ドアからバン、SUVまである意味節操なく多様なパッケージの車種が続々と売れまくっていきました。

同じくさらに後発でデビューしたイタリアの名車チンクチェントも最初はFIAT500の2ドアワンボディでデビューさせるも、続々と新しいボディタイプをデビューさせもはや大枠のイメージのみが肥大化していくなんでもあり感が圧倒的で痛快です。ようはイメージのくくり方なんですね、きっと。

こういった車の開発って、素材の持つポテンシャルって大事なんだなとつくづく感じますよね。ビートルも結構しっかり過去を踏襲しながら現代的にアレンジして本質的には新車を世に送り出したわけなんですが、いかんせん発展性という点ではVWの持つ資産であるゴルフ等が同カテゴリーにひしめき合っていたため、単なる1車種として歴史を終えることになっていますよね。イメージ的にも、ビートルで成功したブランディングの作法が、おしゃれで知的なウィットにとんだものと、これもまた共通してゴルフに当てはまるものだったし、なにより両方とも大衆車としてどうあるべきかを追及してできたプロダクトであるため、大衆車(便利な小型車)としてみるとどうしても後発のゴルフ有利となるのは当然で、よほどテントウ虫ボディに思い入れがない限り、いざ購入するとなると使い勝手の良いゴルフを選びたくなる気持ちもよくわかります。

そこでより洗練されたプレミアム感と徹底的に歴史のイメージを踏襲しつつもモダン化にリ・デザインしたのがその後モデルチェンジして登場したのがザ・ビートルだと思います。結構これはち密にゴルフとは差別化されていて、質感とか圧倒的に、大衆車のターゲットとは違うところを狙っていますよね。その点では結構いいクルマだったと思います。名車!そしていまさらながらびっくりするのがなんと1200ccちっちゃ!1200ccのSOHCにインタークーラーターボで100馬力。それでOK。いいんです。その割り切り方が、ビートルですから。

 

THEビートルやドルフ等のフォルクスワーゲン車の買取りはハッピーカーズへお任せください

THEビートルやドルフ等のフォルクスワーゲン車の買取りはハッピーカーズへお任せください

 

いやー、これは結構いいつくりの車なのでプレミア化しそうですね!

 

経験に基づく将来中古車相場が高騰しそうなプレミア予想はこちら

 

■ザ・ビートル

 

レザーデザインパッケージ

人気色) デニムブルー

人気色) キャンディホワイト

人気色) ディープブラックパールイフェクト

 

ミルク

ビター

スペシャル・バグ

オールスター

ブラックスタイル

エクスクルーシブ

デザインマイスター

ザ・ビートル カブリオレ (全般)

 

といったところでしょうか、、雑ですみませんが。

 

 

はい、そんなわけで、ザ・ビートルを中心としたフォルクスワーゲン車、BMW、ベンツ、ポルシェまで、輸入車、外車中古車の高額査定には自信があります。

 

ハッピーカーズはどこよりも高額査定宣言実施中!

新車から2年落3年落ちちといった高年式車でもご満足いただけるような査定額を目指しています。

事故車はもちろん修復歴あり車、ローン中、リース中、残価設定ローンの車も買取り可能ですので、他社で断られたり、安い査定だった場合は是非お問い合わせください。

 

 

 

ちょっと自分の愛車の相場を知りたいな~
という方は是非こちらのかんたんWeb査定でチェックしてみてください

ハッピーカーズオフィシャルサイトhttp://www.happycars.jp

愛車を売る前に知っておきたい10のこと http://kaitori.happycars.jp

 

メールの返信を待ちきれない方は是非お電話で!

フリーダイヤル 0120-505-289

携帯から 0466-31-0818

 

 

 

【過去のフォルクスワーゲン買取り記事はこちら】

【今日の買取車】平成17年式 初代VWトゥアレグV6前期型を高額買取

 

【今日の買取車】平成20年式 VW フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーランを40万円以上で高額買取り

 

【今日の買取車】平成22年式 VW フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント1.4 TSIコンフォートラインを高額買取り

【今日の買取車】平成25年式フォルクスワーゲン アップ(UP!)ハイアップを!高額買取

【今日の買取車】平成18年式 フォルクスワーゲン ポロ 1.6 スポーツライン を20万円以上で高額買取り

【今日の査定】10年前のフォルクスワーゲン ポロを20万円以上の高額査定

【今日の買取り車】平成26年式フォルクスワーゲン ザ・ビートル デザインレザーパッケージを高額買取り

【今日の買取り車】平成18年式フォルクスワーゲン ニュービートル カブリオレ LZを高額買取り